素朴な疑問ドットコム

ちょっとした疑問、○○とは!?調べて日々賢くなっていく事を目的としています!

お茶でよく聞く玉露って一体全体なに?

     f:id:sobokunagimon:20180823051629j:plain

 

皆さん、こんにちは!Gimonです。

今回の疑問は「お茶でよく聞く玉露って一体全体なに?」です!

 

お茶の好きな家庭で育ったので、お茶は今でも大好きです。

 

ただ最近はペットボトルで済ませる事が多い…

でもやっぱりしっかりしたお茶を淹れて飲みたい。

 

そんな時に

そもそもお茶で良く聞く「玉露」ってなんだ?

と疑問が登場!

 

よく玉露って聞くと「おお~!」みたいになりますよね?よくわからず「おお~!」と言ってたと思うと急に恥ずかしくなってきた。というわけで早速調べてまいりました!

 

目次

 

 

 

 

★お茶とは

茶の樹「(学名)カメリアシネンシス」の葉や茎を加工して作られる飲み物。

中国が発祥と言われている。

 

茶の伝来については一般的に805年に唐から帰国した最澄が茶の種子を持ち帰り、比叡山山麓の坂本に植えたのがはじまりと言われている。

 

お茶って中国が発祥だったのか!!それすら知らなかった私…


★緑茶も烏龍茶も紅茶も元は同じ!?

発酵度によって、緑茶・紅茶・烏龍茶に分けられる。
0%発酵茶葉(不発酵茶)が緑茶。

10%~90%発酵茶葉が烏龍茶。

100%発酵茶葉が紅茶。

 

なんとなんと緑茶も烏龍茶もみんな同じ茶葉から作られていた!!

 

★高級茶とされる玉露とは?

玉露は一番茶(その年の最初に生育した新芽)を摘んで作られます。手摘みで収穫し、約3週間前ごろから直射日光を遮って育てる。遮光率70%くらいからはじめ、茶摘み前には90%以上の遮光率で育てます。


ほとんど日光のない状況で育てることで、うま味成分であるテアニンをたくさん含んで育つ。このように出来た茶葉は玉露特有の甘味とコクが出てくるのである。

 

日光を浴びると葉の中で光合成を繰り返し、カテキン(お茶の渋み成分)が増加する。その光合成を遮ることで抑制し、玉露カテキンの代わりにテアニン(うま味成分)をたくさん含んだ茶葉になる。

 

このように手間をかけた栽培工程になる為、玉露は価格が高くなってしまう。しかし高級と言われるだけあって、その玉露ならではの甘味とコクは申し分のない逸品である。

 

なるほど。カテキンを抑制してその分うま味成分のカテキンを増やしていたのですね!

 


★お茶の効能ってこんなにある!

 【カテキン

殺菌作用
抗菌作用
抗ウイルス作用(風邪予防など)
血中コレステロールの低下
虫歯予防(ミュータンス菌の増殖を抑える)など


【カフェイン】

二日酔いの防止
利尿作用

疲労感除去

眠気除去など

【テアニン】
リラックス作用

神経細胞保護など

 

他にもまだまだありますが代表的なものだけ羅列…

それにしてもお茶ってイイトコだらけですね!

 

★まとめると


中国が発祥と言われ、お茶は学名カメリアシネンシスの葉や茎を加工して作られる。


発酵度により緑茶・紅茶・烏龍茶に分けられる。
0%⇒緑茶。
10%~90%⇒烏龍茶。
100%⇒紅茶。
つまり緑茶も烏龍茶もみんな同じ茶葉から作られている。


玉露は一番茶を手摘みで収穫して作られる。約3週間前ごろから遮光率70%くらいからはじめ、茶摘み前には90%以上の遮光率で育てます。ほとんど日光のない状況で育てることで、カテキン(お茶の渋み成分)を抑制し、うま味成分であるテアニンをたくさん含んで育つ。このように手間をかけた栽培工程になる為、玉露は高級な甘みとコクを持ったお茶になる。

 

★最後に

 

お茶は中国から伝来したという事、烏龍茶も紅茶も緑茶もみんな同じ茶葉から作られている事など、知ってそうで今まで知らなかったのでとても勉強になりました。

 

玉露は直射日光を遮って作る事も意外でした!

(なんとなくイメージ的に太陽光をたっぷり浴びた方が良いお茶が出来そうだったので)

 

日光を遮ることでテアニンを増やすことで玉露ならではのうま味が出ていたのですね!

玉露が高い理由、美味しい理由がとてもわかって良かったです!

 

良いお茶の区別が付く人になれるよう、様々なお茶を飲んでみたいと思いました。

 

おしまい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ